神戸 大阪 宝塚 ホームぺージ制作会社

web会議とテレビ会議の違いやweb会議用ツールの選び方をご紹介

2020/06/23

この記事の投稿者

みのるくん

近年、テレワークを推進する国の方針の元、web会議を実施する企業が増えてきました。そうなると気になるのがweb会議とはどういうものなのかということです。そこで今回は、web会議のことやWeb会議用ツールを選ぶポイントなどをご紹介します。

web会議とは

web会議と聞いても使ったことがない人にとっては、「ネット回線でつながる会議」くらいの認識かもしれません。そこで、web会議について基本的なことをご紹介します。

web会議とテレビ会議は違うの?

web会議とテレビ会議で大きく違う点を、表でまとめました。

web会議 テレビ会議
オンプレミス クラウド
専用会場 なし なし あり
専用回線 あり なし あり
専用機器 あり なし あり
導入コスト 高価 安価 高価
セキュリティ 高い 低い場合がある 高い

テレビ会議は、専用の会議室に一同が集まるシステムです。そのため、支社などがある場合は拠点ごとに回線や機材を用意する必要があります

セキュリティに関しては、専用回線を使用することで傍受に対して強くなるため、安心して会議に使えるシステムです。

オンプレミスとは、社内に自社サーバーを構築するもので、テレビ会議と同じくセキュリティ面が高くなっています

web会議のメリット

クラウドタイプのweb会議のよさは、ネットがつながる場所であればどこででも接続ができるところです。

そのため、テレワーク中の社員と会議をしたり、出張先のホテルから会議に参加したりなどもできます。メンテナンスやシステムアップデートもサービス提供会社が行ってくれるため、社内で専門の人員を割く必要もありません。

オンプレミスタイプのweb会議は、社内で構築されたネットワークのため、セキュリティ性が高く機密事項が含まれる会議などにも強さを発揮します。ただし、このセキュリティの高さは、社内でweb会議をするために使われることが前提です。

どちらも、パソコン、タブレット、スマホなどの中から業務に合った端末を使えます。また、離れた相手にも同じ資料や音声、映像を見せながら会議を進められるのが特徴です。

web会議のデメリット

クラウドタイプのweb会議のデメリットは、セキュリティ面です。

インターネットを介するため、第三者による不正アクセスにより、機密情報が漏えいしたり、会議中に侵入されたりする可能性があります

また、社外から会議に参加できるため、使う機器のセキュリティが甘いとそこから情報が漏れたり、参加する場所によっては会話を聞かれたりなどのリスクがあるでしょう。

一方、オンプレミスタイプの場合はセキュリティ上、外部からのアクセスを遮断している会社もあり、社外からはweb会議へ参加ができない場合もあります。

web会議を利用する上で確認するポイント

世の中には、多くのweb会議ツールがあり、製品の特徴は各社さまざまです。

種類が多くなると、どれを利用すればよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで、web会議ツールを選ぶときのポイントをご紹介します。

最大利用人数や利用可能時間に差

web会議ツールは、それぞれの製品によって同時接続人数や連続使用時間が設定されています。それと同時に、有料と無料でも制限が変わってくるのが特徴です。そこで、いくつかのweb会議ツールの制限人数や時間をご紹介します。

ZOOM Skype Whereby ChatWork

Live

V-CUBE FreshVoice
有料 ~1,000

人まで

250人

まで

12人まで 14人まで 50人

10人

~無制限

無料 3人以上 50人まで 4人まで 1人
制限時間 無料40分 4h/日、

100h/月

なし なし 10h~無制限

最初から「会議への参加は少人数」と決まっている場合は、無料版でもよいかもしれません。

しかし、会議によって出席人数が変わったり、あらかじめ多人数になることが分かっていたりする場合は、有料版も選択肢の中に入れる必要があるでしょう。

接続が安定しているかの確認

会議をしていて困るのは、急に接続が切れたり、映像がフリーズしてしまったりすることです。そのような状態になると会議が中断、あるいは中止に追い込まれ、業務に支障が出てしまいます。

また、音声や映像がクリアであるかどうかも検討材料に入るかもしれません。聞き取りにくい音声や見にくい映像ではコミュニケーションが取りづらくなるからです。

接続具合が気になるなら、無料版や有料のお試し版で試してから決める方法もあるでしょう。

セキュリティの高さでは有料版

web会議を開催する上で気になるのは、セキュリティの問題ではないでしょうか。2020年には、暗号化面におけるセキュリティ問題が取りざたされたツールもありました

しかし、そのツールだけが問題ではありません。ネットを介している以上、どのツールにも第三者に情報が漏れるなどのセキュリティ問題はついてくると考えられるのです。

ビジネスとして使う場合、情報漏えいが起こると取引先との信頼関係が断たれてしまいます。そのため、多くの場合、ビジネスでの利用には有料版を使うようにと推奨されるのです。

理由は、通信システムの違いにあります。無料版に比べ有料版は、セキュリティの高い通信方式が利用されていることが多いからです。

業務に合ったツールを選択しよう

会社で決まったツールがある場合は、どれを使うのかで迷うことはないかもしれません。しかし、会社ではまだ導入していなかったり、個人事業主だったりする場合は自分で選ぶことになります。

そうすると無料版に目がいきがちですが、参加人数、セキュリティの高さなど総合的なことを考慮して適切なツールを選ぶようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください。

ラフデザインのサービス一覧

  • ホームページ制作新規サイト・リニューアル・Wordpressを利用したホームぺージ制作に関する業務を行います
  • ホームページ制作採用サイトや採用動画の制作などの、採用サポートは当社の強みの一つでです。
  • ホームページ制作ドメイン・サーバーの管理や、サイトの運用・更新方法などを幅広くサポートします。
  • ホームページ制作採用向けや会社のご紹介向けのなどの動画制作も承っております。
  • ホームページ制作検索結果で上位に表示するための的確なアドバイスとサポートを行います。
  • ホームページ制作GoogleやYahoo!などの広告やSNS運用支援など幅広くWebプロモーションを行っています。
  • ホームページ制作パンフレットやチラシなどの印刷物のデザインからご納品まで当社にお任せください。

アーカイブ

CONTACT
お問い合わせ

Webサイト制作・採用ツール制作・Webサイト運用サポート・動画制作

move_top