大阪 神戸 宝塚 ホームぺージ制作会社

ドメイン年齢はSEOに関係あるの?

2017/08/12

この記事の投稿者

後藤(弟)

こんばんは

Laf Design の後藤(弟)です。

今回は『ドメイン年齢はSEOに関係あるの?』についてご紹介したいと思います。

ドメイン年齢とは?

ドメイン年齢とは、そのドメインがどれくらいの使われていたのかを表すもので、検索エンジンに認識されてからの期間(年)のことです。

ドメイン年齢は、「ドメインエイジ」「ドメイン年数」とも呼ばれてます。

ドメイン年齢はSEOに関係あるの?

実際にドメイン年齢はSEOに関係しているのでしょうか?

答えとしては、どちらともいえると思います。

えっ!答えになっていないじゃない!

と思われる方もいるかと思いますがここは堪えてください。orz

 

まず、1年間運営しているサイトをAとして、10年運営しているサイトをBとします。

普通に考えると当然10年運営しているサイトの方がSEOは強いですよね。

ですが、なんで10年サイトを運営しているBのほうがSEOが強いのでしょう?

それは、ドメイン年齢が長いからですか?

ちがいます。それは、10年サイトを運営しているBのほうが情報が蓄積されているからです。

ドメイン年齢が長い=SEOに有利ではない

ドメイン年齢が長い=情報が蓄積されている

情報が蓄積されている=SEOに有利

なのでただ単にドメイン年齢が長いということだけでSEOに強いとは判断できないからです。

当然10年サイトを運営していれば、それなりの記事数がありますし、被リンク数も多少あると思います。

その結果、SEOに強いということになります。

では、1年間しっかり運営しているサイトがCとして、10年間全く運用していないサイトがDとすればどうでしょう。

その場合は、1年間しっかり運営しているサイトがCの方が情報が蓄積されているので、SEO順位が高い可能性がありますね。

ドメイン年齢はSEOに関係するかというと、直接的には関係しないけど、間接的にSEOに関係するということが言えます。なので答えはどちらともいえるということになります。

まじめに運用してきたサイトがSEOに優位になる

結局はまじめに運用していたサイトがSEOに優位になります。

上で、ドメイン年齢はSEOに関係するかについてご説明しました。

ドメイン年齢が長くても、更新も全くしないで放置しているサイトよりも、短期間だけどまじめに更新して運用してきたサイトの方がGoogleは評価します。

よく古くから使われているドメインを中古で買って新たに運用するとSEOに有利とも聞きますが、

実際にはそのドメイン年齢が長いからSEOに有利なのではなく、そのドメインがしっかりサイトを運用してきたかを判断します。

もし、中古で買ったドメインが全く運用されていない場合は、Googleからのペナルティーを受けている可能性がありますので、逆にSEOに不利になる場合があります。

結局は長年真面目に運用しているサイトがSEOに有利になります。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

ドメイン年齢はSEO対策をしていると、必ず耳にする言葉だと思いますので、単にドメイン年齢が古い=SEOに強いと思うと間違ったSEO対策をしてしまう場合があります。

そこは誤解しないように気を付けましょう。

今回は『ドメイン年齢はSEOに関係あるの?』についてご紹介させていただきました。

 

WEBに関することならお気軽にお問い合わせください。

ラフデザインのサービス一覧

  • ホームページ制作ホームページ・ECサイト・システム開発などWeb制作に関する業務を行います
  • ホームページ制作ITコンサルティングや実店舗の集客は当社の強みです!
  • ホームページ制作GoogleやYahoo!などの広告やSNS運用支援など幅広くWebプロモーションを行っています。
  • ホームページ制作パンフレットやチラシなどの印刷物のデザインからご納品まで当社にお任せください。
  • ホームページ制作検索結果で上位に表示するための的確なアドバイスとサポートを行います。
  • ホームページ制作ドメイン・サーバーの管理や、サイトの運用・更新方法などを幅広くサポートします。
  • ホームページ制作採用向けや会社のご紹介向けのなどの動画制作も承っております。

アーカイブ

CONTACT
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
ホームぺージ制作・スマホサイト制作・採用サイト制作・採用コンサルティング

move_top