神戸 大阪 宝塚 ホームぺージ制作会社

ビッグキーワードとスモールキーワードどっちが大事か?

2017/04/18

この記事の投稿者

後藤(弟)

こんばんは

Laf Design の後藤(弟)です。

今回は『ビッグキーワードとスモールキーワードどっちが大事か?』についてご紹介させていただこうと思います。

ビッグキーワードとは

検索数が多いSEOキーワードのことです。

基本的に単語(1語)のキーワードが多い傾向です。

月間検索ボリュームが10,000以上の複合語(2語以上)ならビッグキーワードと言えるでしょう。
ビックキーワードは検索回数が多い分競合が多く、ビックキーワードでの上位表示はなかなか困難です。

スモールキーワードとは

検索数が少ないSEOキーワードのことです。

複合語(2語以上)のキーワードが最も多く、月間検索ボリュームが1000未満のキーワードのことです。

ビックキーワードに比べると圧倒的に競合は少ないですが、検索する数も少ないです。

複合語(2語以上)のキーワードを入力するので、ユーザーの検索意図が高いとも言えますので、ビッグキーワードよりも、コンバージョンしやすい傾向です。

ビッグキーワード・スモールキーワードの性質の違い

ビッグキーワード

・競合する他サイトかなりが多いため順位があげにくい。

・検索数が多いため上位表示されると大きなアクセスを期待できる

・多くの人の目に触れるが、コンバージョンにつながりにくい。

スモールキーワード

・競合する他サイトは少ないので順位が上げやすい。

・検索数が少ないため、アクセスはあまり期待できない。

・検索意欲の高いユーザーなので、コンバージョンに繋がりやすい。

どっちが大事なの?

結論から申し上げますとどっちも大事です。

答えになっていませんが、

ビッグキーワードは高い集客力があります。

スモールキーワードは高いコンバージョン率が期待できます。

ホームページを検索エンジンで上位表示させるためには、ビッグキーワードで上位表示させるためには、インデックス数も多く必要でかなり時間がかかります。

まずはスモールキーワードから、特定のユーザーの意図に合わせたページを作り、そこに誘導することで高いコンバージョン率を期待できると思います。

スモールキーワードは複数のキーワードを検索エンジンで入力するので、より検索意欲の高いユーザー及び購買意欲の高いユーザーがアクセスしてくれます。

はじめはスモールキーワードでコンバージョン率のアップを目的としたページを作成して、後にビックキーワードで上位表示させていくことが、良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『ビッグキーワードとスモールキーワードどっちが大事か?』

についてご紹介させていただきました。

SEO対策といえば、どうしてもビックキーワードに目がいきがちですが、スモールキーワードもしっかりと考えてページ作成を行うことで、最終的なコンバージョンに繋がる可能性も大いにあります。

どちらにしても、こつこつとSEO対策することが大事ですね。

SEO対策はとても奥深いですね。

いつも長々とお読みいただきありがとうございます!!

店舗・集客・ ホームページ制作はお任せ!

国内全国対応、神戸、西宮、宝塚周辺のお客様大歓迎!!

 

お気軽にお問い合わせください。

ラフデザインのサービス一覧

  • ホームページ制作ホームページ・ECサイト・システム開発などWeb制作に関する業務を行います
  • ホームページ制作ITコンサルティングや実店舗の集客は当社の強みです!
  • ホームページ制作GoogleやYahoo!などの広告やSNS運用支援など幅広くWebプロモーションを行っています。
  • ホームページ制作パンフレットやチラシなどの印刷物のデザインからご納品まで当社にお任せください。
  • ホームページ制作検索結果で上位に表示するための的確なアドバイスとサポートを行います。
  • ホームページ制作ドメイン・サーバーの管理や、サイトの運用・更新方法などを幅広くサポートします。
  • ホームページ制作採用向けや会社のご紹介向けのなどの動画制作も承っております。

アーカイブ

CONTACT
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
ホームぺージ制作・スマホサイト制作・採用サイト制作・採用コンサルティング

move_top