大阪 神戸 宝塚 ホームぺージ制作会社

CMSの種類は?おススメのCMSは?

2017/08/03

この記事の投稿者

後藤(弟)

こんばんは。
Laf Designの後藤(弟)です。

今回は『CMSの種類は?おススメのCMSは?』

について紹介させていただきます。

いろいろなCMSがあって、どのCMSでサイトを運営したらいいの?

というような疑問を抱く場合も多いかと思います。

なので今回は簡単ですが、CMSについて紹介させていただければと思います。

CMSとは?

Contents Management Systemの略で、日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」です。

HTMLやCSSのようなホームページ制作を作るための知識を必要とせずに、管理画面からテキストや画像を挿入することができホームページを誰でも簡単に更新できるシステムのことです。

CMS導入のメリット

1.ホームページの更新が簡単

ホームページの更新が簡単にできます。テキストや画像の挿入や簡単なデザインの変更等は専門的な知識がなくても簡単に行えます。

2.複数人で管理できる

CMSは基本的にWEB上で管理しているので複数人で管理が可能です。

それぞれが同じ管理画面にユーザー名やパスワードでログインできます。

HTMLで修正の場合は、ファイルがひとつしかないので、複数人で管理するのは難しくなります。

3.導入費用が抑えられる

CMSが登場する前のホームページはHTMLやCMSで記述されたサイトをFTP(File Transfer Protocol)でサーバーにアクセスし修正しなければいけませんでした。

となるとホームページを更新や修正を行うために、社内でエンジニアを雇うか修正のたびに専門業者に外注する必要がありました。

CMSが導入されたことによって、エンジニアを雇ったり、と外注するコストを削減できます。

4. SEO対策に有利

CMSの場合はSEO対策に有利です。例えば新しいブログを書いたとすると、サイト合計のページ数が増えます。そしてその記事へのリンクも1つ増え全体の内部リンクの数が増えサイトの価値が増えます。

サイトの価値が高まることでSEO対策に有利になります。

CMSの種類

CMSの種類はかなり多くありますが、その中で代表的なものをいくつかピックアップしてみました。

WordPress(ワードプレス)

wordpressは世界と日本での圧倒的のシェアを誇っています。世界のホームページ約6割ぐらいになるそうです。

そのシェアの多さからくる情報量の多さがメリットですね。テーマやプラグインが豊富で様々な機能が無料で使えます。

Movable Type(ムーバブルタイプ)

ブログシステムとして古くから使われているのがSix Apart社Movable Type(ムーバブルタイプ)です。商用利用はライセンス費用がかかります。

Movable TypeのメリットとしてHTMLの静的出力ができることが特徴で、中・大規模サイトにも対応することが可能です。

Drupal(ドルーパル)

 

Drupalは、WordPressに次いで、大規模Webサイト向けのCMSとして有名です。

Drupalの特徴と言えば何と言っても複雑な情報サイトを、構築することが出来ます。しかし、wordpressに比べると初期段階ではかなりシンプルな構造になっているので構築の為の専門的な知識が必要です。

Joomla!(ジュームラ)

Joomla!は海外では人気の高いホームページを作成するシステムの1つです。

日本では知名度は高くないですが、海外では数々の受賞歴を誇る他、世界中の3,000を超える政府関連サイトがJoomlaを使って構築されています。

Joomlaはwordpress同様オープンソースなので誰でも無料で利用できます

EC-CUBE

EC-CUBEはECサイトのためのCMSとして国内では一番有名ですね。オープンソースのため無料でダウンロード・インストールできる点が魅力です。ECサイトに必要な機能がそろっており、さらにテンプレートやプラグインを追加することにより使いやすいECサイトを構築することができます。

 

その他のCMS

Magento(マジェント)、Jimdo(ジンドー)、Wix(ウィックス)、XOOPS(ズープス)、SmartPage(スマートページ)、Geeklog(ギークログ)、カラーミーショップ

おすすめのCMS

僕がおすすめするCMSはやはりWordPressです。

日本での国内シェアが圧倒的で、今後更にWordPressを利用する方が増えてくるのではないでしょうか。コストも無料ですし、更新がとても簡単で使いやすいです。

wordpressを扱える制作会社も増えてきていきますので、後に機能を追加したい場合でも比較的低コストでできるのではないでしょうか。

なのでWordPressをおすすめします。

しかし、サイトの規模や運営状況によってはWordpressでは不十分な場合もありますので、絶対にWordpressを使ったほうが良いとはかぎりません。

人気度としては、DrupalやJoomlaも安定して人気がありますので、サイト運営の目的によっては、選んでみても良いかと思います。

まとめ

以上今回は『CMSの種類は?おススメのCMSは?』

について紹介させていただきました。

 

CMSはツールによってそれぞれ特徴があります。Webサイトをどのように運営していきたいのか?明確にして、WEBサイト運営に関わる人たちが今後使いやすく、ホームページをしっかり運用できる、CMSツール選定することをおススメします。

いつも長々とお読みいただきありがとうござます。
店舗・集客・ ホームページ制作はお任せ!
国内全国対応、宝塚、西宮、神戸周辺のお客様大歓迎!!
体験コンサルティングはこちら↓

WEBに関することならお気軽にお問い合わせください。

ラフデザインのサービス一覧

  • ホームページ制作ホームページ・ECサイト・システム開発などWeb制作に関する業務を行います
  • ホームページ制作ITコンサルティングや実店舗の集客は当社の強みです!
  • ホームページ制作GoogleやYahoo!などの広告やSNS運用支援など幅広くWebプロモーションを行っています。
  • ホームページ制作パンフレットやチラシなどの印刷物のデザインからご納品まで当社にお任せください。
  • ホームページ制作検索結果で上位に表示するための的確なアドバイスとサポートを行います。
  • ホームページ制作ドメイン・サーバーの管理や、サイトの運用・更新方法などを幅広くサポートします。
  • ホームページ制作採用向けや会社のご紹介向けのなどの動画制作も承っております。

アーカイブ

CONTACT
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
ホームぺージ制作・スマホサイト制作・採用サイト制作・採用コンサルティング

move_top