神戸 西宮 宝塚 ホームぺージ制作

wifi環境を作る際には必ず知っておきたいセキュリティ対策

2019/01/19

この記事の投稿者

ラフくん

スマホやタブレットの需要が増えて以降、wifi(無線LAN)を使用する機会も増加の一途を辿っています。LANケーブルが不要で、室内のどこにいてもアクセスでき、ケーブルで部屋が乱雑になることもないので、個人ユーザーにも人気があります。また、導入のコストや手間も有線のものよりかからないことから、企業での需要も増えています。

そこで重要になってくるのがwifiのセキュリティです。これを疎かにしていると、情報が外部に漏れてしまったり、正常なアクセスが出来なくなってしまったりと、様々なリスクが高まります。今回は、セキュリティの重要性と、どのようなセキュリティ対策をしていけばいいのか、その方法について解説していきます。

wifiにはセキュリティが必要

セキュリティーが設定されていないと、wifiは電波が届く範囲であれば、誰でも接続することが可能です。自宅のwifiでも、正しいセキュリティを設定していないと、無断でアクセスされてしまいます。

不正アクセスを許せば、管理画面を乗っ取られて勝手にログインパスワードを変更され、正規の使用者がアクセス出来なくなる事態が起こったり、料金を払う事なくインターネットを使用されたり、通信内容や、ネット機器に入っている個人情報が漏洩する可能性もあります。

 

wifiのセキュリティを守るオススメ対策

ログインパスワードを定期的に変更する

wifiはログインパスワードを知られてしまうと、簡単にアクセス出来てしまうため、このパスワードを知られないことが重要になってきます。

そのためにはパスワードは複雑にし、かつ定期的にパスワードを変え、第三者に安易にパスワードを話したりしないことです。

セキュリティ強度の高い暗号規格と暗号化方式を使用する

wifiのセキュリティには、セキュリティの種類(暗号規格)と暗号化方式の組み合わせが重要になってきます。暗号規格は3種類あり、WEP、WPA、WPA2の順にセキュリティが強くなります。現在はWPA2が採用されていることが一般的です。

暗号化方式は、RC4、TKIP、AESがあります。RC4のセキュリティが1番弱く、TKIP、AESは方式が異なるだけで、セキュリティの差はありません。

そのためなるべくWPA2と、TKIPまたはAES方式の組み合わせのものを使用するようにしましょう。

最初のソフトウェアにする

不正アクセスに対応するために、ルーターのソフトウェアは常に最新にしておきましょう。

近年のwifiルーターには、自動でアップデートしてくれるモデルもあります。そういったモデルを購入することもセキュリティ対策にお勧めです。

 

また、公衆wifiの使用はなるべくしないことも重要です。

特にパスワードの必要ないフリーwifiは、誰でも簡単にアクセスできるため、とてもセキュリティ的に危険です。特に仕事用のパソコンなどの通信機器は接続しないことをお勧めします。

個人で使用するにしても誰が設置したのかわからない、いわゆる野良wifiが、情報を抜き取るための設置された不正アクセスポイントであったという場所もあるので、お勧めはできません。公衆wifiを使用する場合は、必ずセキュリティ強度を調べ、そのレベルが低いようなら使用は控えるようにしましょう。

まとめ

wifiのセキュリティの重要性と、そのセキュリティ対策について解説してきました。

wifiは非常に利便性が高く、手軽にできる通信手段である一方、セキュリティ対策をキチンとしないと非常に危険性を伴うものでもあります。安全にwifiを使うためには、しっかりとしたセキュリティ意識と、知識を持っておくことが大切だと言えるでしょう。

お問い合わせ・ご相談はこちら

アーカイブ

CONTACT
お問い合わせ

ホームページ制作・保守管理・運用サポート・グラフィックデザイン・動画制作・システム開発

move_top