神戸 西宮 宝塚 ホームぺージ制作

Microsoft Officeの2019・2016・365の違いは?

2019/06/20

この記事の投稿者

後藤(弟)

こんにちは

Laf Design の後藤(弟)です。

今回は「Microsoft Officeの2019・2016・365のバージョンの違いは?」についてご紹介したいと思います。

Microsoft Officeはみなさんも知っていると思うのですが、365ってなに?

みたいな、他の2019とかの違いがいまいちピンと来ていない方も多いと思います。

ですので、今回の記事でご紹介させていただければと思います。

Microsoft Officeとは

Microsoft Officeとは、Microsoftが開発、販売しているオフィススイートの名称でです。
Microsoft Officeには主に「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」「Access」「Publisher」などがあります。

みなさんも「Word」「Excel」などは使われたことがあるのではないでしょうか。

Microsoft Office 2019 とは

Office2019はマイクロソフトOfficeの永続ライセンスの最新バージョンとして、米Microsoftより2018年9月24日に発売が開始されました。

「買い切り型」のパッケージで永続使用可能なOfficeの最新版がOffice 2019です。

その前は2016、その前は2013、その前は2010、その前は2007と3年おきにアップデートされて新しいのが発売されています。

Office 2019 と 2016との違い

では最新版Office2019とOffice2016の違いはなんでしょうか?

Office2019とOffice2016の違いですが、Office 2016販売後にOffice 365でアップデートされた内容や追加された機能がまとめて入ったのがOffice2019となります。

そして、Office2019はWindows 10のみ対応で、Windows 8もWindows 7もサポートされません。

Office 2016のサポート期間は発売年の2016年から10年間の2025年10月14日で、

Office 2019はサポート期間はOffice 2016年に合わせて2025年後半までになり、サポート期間は7年間になります。

Office 2019 と 2016の価格(※Amazonでの永続・オンラインコード版の価格)

Office 2016 Office 2019
Office Professional 取り扱いなし 58,703円
Office Home and Business 34,800円 34,160円
Office Personal 取り扱いなし 29,252円

Office 365(月間契約)

Office 365はサブスクリプションサービスので、最新ツールの更新が常に行われます。

サブスクリプションとは、毎月または毎年一定の金額を支払うとこで継続的に利用できることです。

このサブスクリプションとして利用できるOfficeのことをOffice365と呼んでいます。

またOffice 365 Solo プランを使用すると、すべてのデバイスにインストールして、一度に 5 つのサインインを行うことができるようになります。

Office 365 Solo は、Officeの個人向けサブスクリプション制のライセンスです。

エディション 価格
Office 365 Business 1,080円/月
Office 365 Business Premium 1,630円/月
Office 365 Business Essentials 650円/月
Office 365 Solo 1,274円/月

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『Microsoft Officeの2019・2016・365のバージョンの違いは?』についてご紹介させていただきました。

Officeもバージョンによって値段や機能もさまざまで、どれを買ったらいいのか迷っている方も多いかなと思いますので、是非参考にしていただければと思います。

いつも長々とお読みいただきありがとうござます。

採用・集客・ ホームページ制作はお任せ!

国内全国対応、大阪、神戸周辺のお客様大歓迎!!

お問い合わせ・ご相談はこちら

アーカイブ

CONTACT
お問い合わせ

ホームページ制作・保守管理・運用サポート・グラフィックデザイン・動画制作・システム開発

move_top