大阪 神戸 西宮 ホームぺージ制作

季節を感じる色について

2022/04/28

この記事の投稿者

コバ

こんにちは、デザイナーのコバです。

5月から季節は段々春から夏へ、梅雨が明けると新緑の季節がやってきます。

春ファッション、秋メイクなど、季節によって人々の装いや町の雰囲気もどんどん変わっていくのが日本の四季の面白いところ。

季節を楽しむにはまず四季ごとのカラーを知ってみることも一つかもしれません。

 

ということで本日はデザイナーの私が使い分ける、

季節を感じる配色をテーマに書いていこうと思います!

 

 

【春を感じる配色】

春色の特徴は

・爽やかな淡いパステルカラー

・花や植物をイメージさせるようなカラー

・暖色寄りのカラーであたたかい雰囲気

 

春は入社・入学など新生活や新学期の始まる季節です。

寒かった冬が終わり、徐々にぽかぽかとした春の陽気がやってきます。

使うカラーも桜や植物の新芽を意識したピンクや黄緑、

タンポポなどを思わせる淡いイエローなど、

心がうきうきするような爽やかフレッシュな色選びがおすすめです!

 

 

 

【夏を感じる配色】

夏色の特徴は

・ビビッドな原色カラー

・晴天や力強い植物をイメージした配色

・ポップで元気な雰囲気

 

夏は海開き、夏フェスなど暑さを吹き飛ばすような

イベントが盛りだくさんの季節!

夏休みもあるので家族イベントやレジャーも楽しめる季節です。

夏のぎらぎらした太陽を思わせるビビッドなオレンジや、

晴天・海を思わせるような彩度の高いスカイブルーなど、

元気さを感じさせるポップで明るい雰囲気の色選びがおすすめです!

 

 

 

 

【秋を感じる配色】

秋色の特徴は

・おしゃれなくすみカラー

・ほっこり感と少し和の雰囲気

・秋の味覚をイメージしたようなカラー

 

秋は、芸術の秋・食欲の秋など様々なものを楽しめる季節です。

また、紅葉と共に連想される京都などの神社やお寺をイメージ

「和」な雰囲気を演出することも多いです。

芋や栗、かぼちゃなどをイメージしたカラーや

ややくすみのあるほっこりとした落ち着いた色選びがおすすめです。

ハロウィンは紫とオレンジが定番の色ですね!

 

 

 

 

【冬を感じる配色】

冬色の特徴は

・寒色を中心とした透明感のあるカラー

・雪や木枯らしをイメージした少し寂し気な雰囲気

・年末年始やクリスマスを意識したカラー

 

冬は、クリスマスや年末年始のお祝い事などのイベントがあります。

クリスマスは深い赤・濃い緑がイメージカラーとなっているのは

とっても有名だと思いますがその他の色選びは、

冷たくなり澄んだ空気を思わせるような寒色に寄せたカラー。

さらに年末年始のお祝い事を意識した高級感ある赤や金などもおすすめです!

 

 

 

 

 

以上、季節を感じる配色について解説してみましたがいかがでしょうか?

私自身もともと、

服なども決まった色(黒を着とけばいいだろ感は未だにあります)を

着ることが多く、そこまで季節を意識するようなタイプではなかったのですが、

デザイナーになってからはイベントを意識したチラシ作りなどの影響で

季節についてかなりしっかり考えるようになりました。

 

それから待ち行く人のファッションや、ショッピングモールの装飾などを

見たりして今年の流行りの色を感じたりしています。

例えば今年の春のトレンドは黄緑(ピスタチオカラー)だったり…

 

同じ人物・服装でも色を変えるだけでこんなに印象は変わります!

さらに同じ色でも組み合わせによって春っぽくも秋っぽくもなったり…

色ってやはりすごく奥が深くて面白いです!

 

皆さんもぜひ、自分なりの季節カラーを探してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ちなみにこの内容はインスタグラムにも投稿しましたので是非そちらの方もチェックしてみてくださいね!

【ラフデザイン株式会社 公式Instagram

 

 

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

アーカイブ

健康経営優良法人

CONTACT
お問い合わせ

サービスや見積りのご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。