神戸 西宮 宝塚 ホームぺージ制作

【初心者向け】クロスドメインとは?GoogleAnalyticsの設定方法を解説

2021/03/02

この記事の投稿者

ラフくん

ドメインが2つ以上にまたがっていることをクロスドメインと言いますが、この状態ではGoogleAnalyticsがユーザーの動きを正確に把握することができなくなります。それを解決するのがクロスドメイン設定です。

 

クロスドメインとは

クロスドメインとは、1つのサイトの中でドメインが2つ以上にまたがっている状態のことを言います。具体的には、ECサイトのトップページや商品ページは同じドメインですが、入力フォームは別のドメインが使われていることが多いです。

GoogleAnalyticsでは、ユーザーがどこから来たのか、どこで離脱していったのかといった動きを把握することができますが、異なるドメインへの移動は離脱と判断してしまいます。そのため、同じサイト上でもドメインが2つ以上ある場合はユーザーの動きを正確に把握できなくなってしまうのです。

 

クロスドメイン設定のやり方

設定は以下の4つのステップで行えます。

・GoogleAnalyticsのタグの記述を変更

・参照元除外リストの追加

・フィルタ設定

・目標設定

GoogleAnalyticsのタグの記述を変更

まずは、GoogleAnalytics内のタグを編集します。左下の管理>プロパティ>トラッキングコード情報>トラッキングコードを開いていきます。既定のタグが入っているので、ここを編集していきます。

以下は既定のタグだとします。「UA-******」部分は、自身のサイトのIDを入れます。

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>

<script async src=”https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-54516992-1″></script>

<script>

window.dataLayer = window.dataLayer || [];

function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

gtag(‘js’, new Date());

gtag(‘config’, ‘UA-123456789-1’);

</script>

 

こちらに4行加えます。

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>

<script async src=”https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-54516992-1″></script>

<script>

window.dataLayer = window.dataLayer || [];

function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

gtag(‘js’, new Date());

gtag(‘config’, ‘UA-123456789-1’

『下記4行を追加』

,{

‘linker’: {

‘domains’: [‘aaaaa.com’, ‘bbbbb.net’] }

});

</script>

「‘aaaaa.com」「bbbbb.net」には該当のドメインを入れます。

 

参照元除外リストの追加

次に管理>プロパティ>トラッキング情報>参照元除外リストを開きます。追加を選択し、該当のドメインを2つ入れます。

フィルタ設定

通常、GoogleAnalyticsのレポートではドメインは表示されません。例えば、「aaaaa.com.index.html」も「bbbbb.com.index.html」も「index.html」として合算されてしまうため、それぞれのユーザーの推移を判断できません。

しかし、フィルタ設定をしておけば、異なるドメインをまたいだユーザーの動きも正確に把握できるようになります。

管理>ビュー>フィルタを開きます。フィールドA・フィールドB・出力先のそれぞれを設定していきます。フィールドAは「ホスト名」で「(.*)」を入力、フィールドBは「リクエストURI」で「(.*)」を入力、出力先は「リクエストURI」で「$A1$B1」を入れます。

フィールドAは必須・フィールドBは必須・出力フィールドをオーバーライドにチェックを入れて保存します。

目標設定

最後に「目標」から目標の詳細を設定します。「先頭一致」や「等しい」で”/thanks.html”等に設定してあると思いますが、クロスドメインを設定したい場合はドメインを含むURLに変更する必要があります。

「到達ページ・等しい・URL:/thanks.html」から「到達ページ・等しい・URL:aaaaa.com/thanks.html」へ変更して設定は完了です。

クロスドメインの設定をしてユーザーの動きを把握しましょう

クロスドメインの概要やGoogleAnalytics上の設定方法を解説しました。クロスドメインはECサイトに多いとお伝えしましたが、複数サイトを運営していて同一のユーザーの行き来を把握したい際も設定が有効です。今回の記事を参考にして、ユーザーの動きを正確に把握できるよう設定してみてください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

アーカイブ

CONTACT
お問い合わせ

ホームページ制作・保守管理・運用サポート・グラフィックデザイン・動画制作・システム開発

move_top