大阪 神戸 ホームぺージ制作

【SEOにおすすめ】ロングテールキーワードの概要と選定方法を紹介

2016/01/01

この記事の投稿者

ラフくん

 

SEOで重視されるロングテールキーワードは、初心者でも取り入れやすい方法です。しかし、言葉は知っていてもどのような効果があるのか知らない方も多いでしょう。

今回は、ロングテールキーワードの概要と選定の仕方を紹介します。合わせてメリット・デメリットも説明していますので、サイト作りの参考にしてください。

ロングテールキーワードの概要

記事を上位表示させるために重要なキーワードですが、概要を知っておくと便利です。SEOにも欠かせないキーワードなので、しっかり内容を把握しておきましょう。

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードとは、単語を複数混ぜたキーワードのことです。リサーチするとき3語以上の単語で調べる場合は、ロングテールキーワードに当たります。

ロングテールキーワードは検索ボリュームがわずかという欠点はあるものの、コンバージョン率が高いという特徴を持っています。

ロングテールSEOとは?

同じような考え方で、ロングテールSEOというものがあります。こちらも同じように複数の単語を掛け合わせ、あえてニッチなキーワードを狙うSEOの戦略方法です。

ニッチなキーワードは検索ボリュームがわずかなため、初心者の方も上位表示を狙いやすくなります。

ロングテールキーワードの選定の仕方

ロングテールキーワードは選定の仕方も大切です。あまりにもニッチなワードだとリサーチすらされませんので、記事を制作するときはどんなキーワードにするかチェックしなければいけません。

ここではキーワード選定に便利なツールを紹介します。

Googleキーワードプランナー

Google広告を配信するユーザーにおすすめなのが、Googleキーワードプランナーです。記事制作や広告配信用にキーワードを選定したり、キーワード毎の検索数を確認できたりします。

Googleキーワードプランナーは有料ツールなので、Google広告を利用しない方はこれから紹介するツールを使ってみてください。

Google検索

Google検索は、一度は使ったことがあるツールではないでしょうか?普段利用しているGoogle検索も、キーワード選定には欠かせないツールです。

キーワードを入力してリサーチすると、ページ最下部に関連する検索キーワードが表示されます。これはユーザーがリサーチしている意図から、Googleが推奨しているキーワードを表示しています。

関連キーワードでリサーチされることも多いので、表示されているキーワードを使って制作してみるのもいいでしょう。

Googleトレンド

Googleトレンドとは無料で使えるツールで、キーワードやトレンドの検索回数や急上昇ワードを確認できるツールです。国や地域を指定でき、最大5つまでのキーワードを比較できます。

注目を集めているキーワードが簡単にチェックできるので、Googleトレンドからロングテールキーワードを選定するのもおすすめです。

ロングテールキーワードのメリット・デメリット

最後にロングテールキーワードのメリット・デメリットを説明します。検索ボリュームがわずかなキーワードですが、メリットが豊富にあります。

メリット

検索ボリュームが少数ということは、ライバルサイトが少ないことを意味します。そのため、ロングテールキーワードを使うと上位表示されやすいというメリットがあります。また、ユーザーがリサーチするときも複数の単語を使うことが多いため、ユーザーに早く情報を届けられるのもメリットの一つです。明確なキーワードを使えば使うほど読まれる回数も多くなるので、結果としてコンバージョン率もアップします。

デメリット

ロングテールキーワードはキーワード選定を誤ると、ほとんど読まれないというデメリットがあります。もともと検索ボリュームが少ないので、ユーザーが求めるキーワードを選定しないと読者の目に届きません。

上位表示を狙うならツールを使ってキーワード選定を入念にチェックしましょう。

ロングテールキーワードは初心者でも上位表示を狙える

ロングテールキーワードは、キーワード選定を間違えなければ確実に上位表示が狙えるキーワードです。ユーザーの検索意図を考えながら、キーワードをかけ合わせ良質な記事を作ってみてください。

このキーワードでSEOに挑めば、おのずとコンバージョンも上がっていくでしょう。

お問い合わせ・ご相談はこちら

アーカイブ

CONTACT
お問い合わせ

ホームページ制作・保守管理・運用サポート・グラフィックデザイン・動画制作・システム開発

move_top