大阪 神戸 ホームぺージ制作

ティザーサイトとは?その概要と成功するポイントを解説!

2016/01/01

この記事の投稿者

ラフくん

「ティザーサイト」という言葉をご存じでしょうか。なんとなくWebサイトのことだとわかりますが、どのようなサイトのことをいうのか理解している方は少ないかもしれません。

ティザーは英語で「teaser」と書き「焦らす人」「いじめる人」という意味があります。焦らせ、いじめる人のサイトとは、いったいどのようなサイトのことを言うのでしょうか。

今回は、このティザーサイトについて詳しく解説していきます。

ティザーサイトとは

ティザーサイトというのは、新商品などを発売する前にさまざまな情報を少しずつ発表して閲覧者の興味関心を引くマーケティング手法です。

競合商品があったり、発売前から注目されている商品の場合特に有効で、商品名やそのロゴ、公開日、ビジュアルなどを少しずつ告知していきます。

情報を小出しにし、いい意味でユーザーを焦らすことで期待値を膨らませ、興味関心を発売や公開日まで最大限に膨らます効果を狙います。

ティザーサイトを成功させるコツ

では、ティザーサイトを盛り上げ成功させるには、どのようなコツがあるのか見ていきましょう。

インパクトのあるビジュアルを創る

ティザーサイトは、情報を限りなくそぎ落としながら発信します。商品のシルエットや公開までのカウンターなど必要最低限の要素で構成されるので、ビジュアル的にインパクトのあるデザインにする必要があります。競合他社がある場合は、ほかにはない魅力あるビジュアルを打ち出すことが重要です。

文字としての情報量が少ない分、印象に残るサイトデザインで閲覧者の興味関心を惹きつけるようにしましょう。

更新頻度を高める

ティザーサイトは小出しに情報を発信していく手法なので、更新頻度が少ないと閲覧者の期待感やわくわく感を弱めてしまう可能性があります。

少ない情報で閲覧者を惹きつけるためには、更新頻度を高めるようにしましょう。

一回で発信する情報が少ないからこそ更新をまめに行い、関心を寄せてくれる閲覧者が離れないようにすることが重要です。

SNSと上手く連携させる

ティザーサイトは、SNSと一緒に展開させることで圧倒的な効果を発揮します。ティザーサイトで得た情報は、SNSで話題になることが多いからです。

SNSでの情報拡散はマーケティングとして非常に有効で、わくわく感を誘うティザーサイトとの連携は必須といえます。

ティザーサイトはじらし方が重要

絞り込んだ情報を小出しに発信していくティザーサイトですが、一番重要なのは期待値を膨らませる閲覧者がどのくらい存在するかです。

例えば、あまりにも情報を小出しにしすぎてなかなか内容がつかめないとうんざりしてきて興味が薄れてしまいますし、逆に情報が出過ぎてしまうと途中でわくわく感がなくなる可能性があります。

つまり、ティザーサイトを成功させるには閲覧者を魅了するじらし方が重要であり、じらし方が魅力的でなければ逆効果になるというわけです。

ティザーサイトを有効に機能させ商品価値を高めよう

ティザーサイトとは、公開前の商品やサービスなどの情報を小出しにしながら閲覧者を魅了し、期待値を上げていくマーケティング手法です。

固定サイトとは異なり文字的な情報が非常に少ない分ビジュアルにインパクトを持たせ、まめに更新する必要があります。

さらにSNSと連携させることで効果が倍増しますが、小出しにする情報量や発信頻度などさまざまな観点から戦略を考える必要があり、スマートなじらし方をすることが大切です。

ティザーサイトは絶妙なテクニックを要するマーケティング手法ですが、成功すればその効果はかなり高いです。他社とは異なる告知の仕方を考え、圧倒的な注目を集めるようなティザーサイトを作ってヒット商品や人気サービスを生み出してくださいね。

お問い合わせ・ご相談はこちら

アーカイブ

CONTACT
お問い合わせ

ホームページ制作・保守管理・運用サポート・グラフィックデザイン・動画制作・システム開発

move_top