ビッグキーワードとスモールキーワードどっちが大事か? | 神戸 西宮 宝塚 ホームページ制作ならLaf Design【ラフデザイン】

受付時間:11:00~20:00 (火曜除く)

電話番号 0797-78-9240

お問い合わせはこちら

体験コンサルティング受付中

ビッグキーワードとスモールキーワードどっちが大事か?

2017年4月18日 火曜日

こんばんは

Laf Design の後藤(弟)です。

今回は『ビッグキーワードとスモールキーワードどっちが大事か?』についてご紹介させていただこうと思います。

ビッグキーワードとは

検索数が多いSEOキーワードのことです。

基本的に単語(1語)のキーワードが多い傾向です。

月間検索ボリュームが10,000以上の複合語(2語以上)ならビッグキーワードと言えるでしょう。
ビックキーワードは検索回数が多い分競合が多く、ビックキーワードでの上位表示はなかなか困難です。

スモールキーワードとは

検索数が少ないSEOキーワードのことです。

複合語(2語以上)のキーワードが最も多く、月間検索ボリュームが1000未満のキーワードのことです。

ビックキーワードに比べると圧倒的に競合は少ないですが、検索する数も少ないです。

複合語(2語以上)のキーワードを入力するので、ユーザーの検索意図が高いとも言えますので、ビッグキーワードよりも、コンバージョンしやすい傾向です。

ビッグキーワード・スモールキーワードの性質の違い

ビッグキーワード

・競合する他サイトかなりが多いため順位があげにくい。

・検索数が多いため上位表示されると大きなアクセスを期待できる

・多くの人の目に触れるが、コンバージョンにつながりにくい。

スモールキーワード

・競合する他サイトは少ないので順位が上げやすい。

・検索数が少ないため、アクセスはあまり期待できない。

・検索意欲の高いユーザーなので、コンバージョンに繋がりやすい。

どっちが大事なの?

結論から申し上げますとどっちも大事です。

答えになっていませんが、

ビッグキーワードは高い集客力があります。

スモールキーワードは高いコンバージョン率が期待できます。

ホームページを検索エンジンで上位表示させるためには、ビッグキーワードで上位表示させるためには、インデックス数も多く必要でかなり時間がかかります。

まずはスモールキーワードから、特定のユーザーの意図に合わせたページを作り、そこに誘導することで高いコンバージョン率を期待できると思います。

スモールキーワードは複数のキーワードを検索エンジンで入力するので、より検索意欲の高いユーザー及び購買意欲の高いユーザーがアクセスしてくれます。

はじめはスモールキーワードでコンバージョン率のアップを目的としたページを作成して、後にビックキーワードで上位表示させていくことが、良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『ビッグキーワードとスモールキーワードどっちが大事か?』

についてご紹介させていただきました。

SEO対策といえば、どうしてもビックキーワードに目がいきがちですが、スモールキーワードもしっかりと考えてページ作成を行うことで、最終的なコンバージョンに繋がる可能性も大いにあります。

どちらにしても、こつこつとSEO対策することが大事ですね。

SEO対策はとても奥深いですね。

いつも長々とお読みいただきありがとうございます!!

店舗・集客・ ホームページ制作はお任せ!

国内全国対応、神戸、西宮、宝塚周辺のお客様大歓迎!!

 

 お喜びの声を多数頂いております。

実際に弊社がホームページの制作やサポートを行い、成果を出されましたお客様からお喜びの声を多数頂いております。

お問い合わせフォーム

・実店舗向けWeb✕アナログ集客プランとはどんなプランか?
・チラシや名刺を作成してほしい!
・ホームページを作ろうか迷ってる!
・料金の見積もりだけしてもらいたい!
・チラシや名刺を作成してほしい!
・SEOに対策をしてほしい!
・WEB集客したいけどどうしたら良いかわからない!
など何でもお気軽にご相談ください。

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
項目 実店舗向けWeb✕アナログ集客プランホームページ制作グラフィックデザインSEO対策支援集客支援サポートその他
内容

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください



アクセス

ラフデザイン
〒665-0843
宝塚市宮の町1-11 水野ビル1階
TEL:0797-78-9240
MAIL:info@lafdesign.jp

【アクセス】
阪急宝塚南口駅より徒歩7分

カテゴリー

月別記事一覧

move_top