ラフデザインについて | 店舗 集客 ホームページ制作ならLaf Desgin【ラフデザイン】

受付時間:11:00~20:00 (火曜除く)

電話番号 050-7130-0504

電話番号 050-7130-0504

電話番号 050-7130-0504

ラフデザインについて

 ~Laf Design(ラフデザイン)とは~

兵庫県宝塚市内に事務所を構えるWeb制作会社です。

平成28年1月にiPhone(携帯電話端末)の修理・小売店「あいほん道 宝塚店」の運営から事業を開始。

平成29年3月にホームページ制作・グラフィックデザイン等のWeb制作事業「Laf Design」の運営を開始。

「あいほん道 宝塚店」は現在、宝塚の中心部国道176号線沿いの好立地へ店舗を移転し好調に売上を伸ばしている。

自身の経験から様々な起業家(特に店舗運営事業者)を対してWebを活用した集客サポートコンサルティングを行っている。

 代表 プロフィール

Laf Design 代表  後藤 拓馬(ごとう・たくま)

1987年兵庫県明石市生まれ

大学卒業後は地元の信用金庫に約7年間勤め、主に法人の融資営業を担当。年間成績優秀者に2度選ばれ、海外研修(ベトナム視察)に参加する。

ファイナンシャルプランナー他、金融関係の資格を多数取得。

平成28年1月(29歳)に独立開業、現在は開業から2年を迎え、自身で携帯電話端末の修理・小売店の運営しながら、平成29年4月からWeb制作事業を開始し、様々な起業家へWebを活用した集客コンサルティングを行っている。

 脱サラから独立開業。店舗運営をして感じたこと。

 

私も開業当初はかなりいろいろなことで悩みました。

一番の悩みは

「集客」

でした。

前職の信用金庫は職業柄経営者の方と話す機会も多く、確定申告書や決算書の分析もよくしていたので、経営に関することはある程度わかっていたつもりでした。

ですが、

「経営を知っている」 ことと 「集客ができる」 は ≠ イコールではない

というか、全く関係のないもので、

根っからの商売人気質の人はとて賑やかな人柄だったり、口がうまかったりと、商品やサービス魅力をバリバリアピールして、集客できたり仕事を獲得することができますが、

細かいことが苦手で原価計算や経理などの数字(いわゆる経営的なこと)が苦手だったりします。

逆に数字に強く自分で帳簿をつけたりできる方は、経営的なことは得意かもしれませんが、商売人として自分の商品やサービスのアピール力は少し弱かったりします。

 

僕自身はというと、入社当初は確定申告書や決算書を見てもさっぱり??

でしたので、あんまり好きじゃなかったですが、不思議と決算書が読めてお客さんと話しができるようになってからは少しずつ好きになってきました。

プライベートでも家計のお金の動きを資金繰り表などを作り半年先のお金のの動きを予想したりと、まさしく金融機関らしい職員に成長はしていました。

ですので、経営についても戦略を立てて数字に強ければなんとかなるだろう!!

と正直楽観的に考えていました。

 いよいよお店をオープン!しかしわずか3ヵ月で閉店か!?

そんな中でお店をオープン

実弟と開業資金を折半し、金融機関(日本政策金融公庫、いわゆる国金)に借入をしました。

忘れもしないですが、オープン初日は売上0円

その次の日は友人がお祝いで少し商品を購入してくれたのですが、実質の来客は0

オープンから一週間はほとんど来客もなく

結果、半月の営業で売上はわずか139,185円

金融機関に提出した創業計画書の売上予定は初月半月で500,000円でした。

※携帯電話端末の修理・小売店ではこの売上はあり得ない△360,815円の大幅な赤字


友人や知人からは

「オープン初月はそんなもんやろ~。」

と励ましの言葉をもらいましたが、僕自身は内心不安で不安で堪りませんでした。

 

翌月2月は一ヶ月フル営業、定休日の火曜日もお店を開け続けました。

なんとか自分を奮い立たせて、朝早くから駅前でビラ配りをしたり、近隣住宅にチラシのポスティングをしたりと・・・

「1人でもいいから、お客様に来店して欲しい!!」

との思いで頑張っていました

 

結果、1ヵ月の売上は205,605円

2ヶ月目には軌道に乗っているだろうと、開業前は楽観的だったので金融機関に提出した創業計画書の売上予定は1,000,000円でした。

この月も794,395円の大幅な赤字、更に損失を増やしてしまいました。

もちろん1月、2月は給与も取っていません・・・

 

1月、2月と閑古鳥が鳴く日が続き月の半分以上あり、予定していた売上の5分の1も取れず、大幅な赤字経営、開業時に借入した借金の返済のメドも経たず、お店はいよいよ閉店か⁉︎

と毎日毎日胃を痛める想いで、3ヵ月目からもなんとか営業を続けていました。

前職の信用金庫の仕事も順調だったので、

「これだったら辞めずにサラリーマンしてた方が良かったのでは⁉︎」

と自問自答を繰り返す日々でした・・・

 

結局僕自身が

「集客」

については全く素人で、なんとなく経営がわかっているつもりで楽観視して大きな借金を抱えて開業したもの、わずか2ヶ月で大幅な損失を抱えることになってしまいました。

 

開業時の借金は300万円ですが、自己資金を400万円近く投入しているので、ここでお店を畳むと700万円以上の損失となります。

 

このまま店を閉店する訳にはいかないので、車や高価な衣類などの資産を売ったり、家族や身内から資金の援助をしてもらい、営業を続けることに・・・

 3ヶ月目からあることに力を入れると・・・

このままではまずい・・・

といろいろと集客や経営の本を読んだり、それに関する記事や動画を見たりと、お店が暇な時はできるかぎり勉強をしました。

※お客さんがほとんど来ないので、暇な時間もかなり多いので。(^-^;笑

 

そしていろいろと考えた末、あることに力を入れるようにしました!!

 

すると・・・
徐々に来客が増え、1日平均の売上も少しずつ増えてきました。

・結果売上は

3月は441,403円、558,597円の赤字

4月は683,928円、710,454円の赤字

5月は1,010,120円、10,120円の黒字

少しずつ赤字も減り、5ヶ月目には初の黒字計上!!

 来客が増え売上が大幅に増加。1年半で好立地へ移転!!

3ヶ月目から徐々に来客が増え、5ヶ月目には初の黒字化。

その後も更に売上は増え続け、1年後には開業当初の売上の10倍以上になり、今では毎月かなりの額を貯蓄できるほどに成長し、安定しています。

そして・・・

開業からわずか1年半で国道沿いの好立地へ移転

家賃は3倍近くになりましたが、国道176号線沿いので交通量は前のテナントの10倍以上、宝塚市内でかなりの好立地です。

敷地面積も2.5倍以上で商品数も大幅に増やすことができ、来客数も2倍以上になつたので更に売上高を増やすべく切磋琢磨しています!

 具体的に何をしたのか?

なぜ、半年で売上を倍以上にし、わずか1年半で移転することができたのか?

まずは・・

開業当初に作った

ホームページ

を時間をかけてしっかりと見直しをした。

あいほん道 宝塚店 ホームページ http://aihondou-tz.jp

 

続いて・・・

 

あまり意識してなかったFacebook・Instagramなどの

『SNS』

の投稿にも注力した。

あいほん道 宝塚店 Facebookページ https://www.facebook.com/aihondou.tz

 

あいほん道 宝塚店 Instagramページ https://www.instagram.com/aihondou.tz

 

しかしこれだけでは劇的な効果は出ませんでした・・

 店舗運営で重要なこと

①ホームページを作る・見直す

②Facebook・Instagram等のSNS活用

③SEO対策(業者等に依頼等)

④チラシ・DMを制作、配布・折込みをする

⑤口コミや紹介を増やす

⑥ポイントカード・紹介カードを作る

⑦イベントを企画する

⑧好立地に店舗を構える

etc・・・

 

Question

 

この①〜⑧の中で一番重要なものは?

 

Answer

 

全て重要!!

 

Webを活用しSEO対策やSNS活用はもちろん、 チラシやDM、ポイントカードなどのアナログな部分もしっかりと活用すること!!

すべてを無駄なく効果的におこなえているか!?

がとても重要になってきます!!

 

これらがしっかりとできれば確実に集客に繋がり、自動的に売上どんどん増え安定していきます

新聞折込みや地域のクーポン情報誌、グーグルやヤフーのリスティング広告、大手制作会社のSEO対策、SNS運用代行などの広告費をそこまでかけなくても、ご自身で集客できるようになります。

当店(あいほん道 宝塚店)も開業当初は閑古鳥が鳴く日が続き、3ヵ月で閉店も考えましたが、この仕組みを実践することで売上を10倍以上に増やし、安定した経営を続けています。

 お喜びの声を多数頂いております。

実際に弊社がホームページの制作やサポートを行い、成果を出されましたお客様からお喜びの声を多数頂いております。

アクセス

ラフデザイン
〒665-0843
宝塚市宮の町1-11 水野ビル1階
TEL:090-6908-6826
MAIL:info@lafdesign.jp

【アクセス】
阪急宝塚南口駅より徒歩7分

カテゴリー

  • 月別記事一覧

  • move_top